【何歳から?】米肌は何歳から使える!?対象年齢はある?

スキンケアやコスメはブランドごとに何歳から何歳向けといった対象年齢が設定されていることがあります。

特にエイジングケアブランドなどは何歳から何歳までと年齢で区切っていることが多いですよね。

人の肌悩みは年齢によるものだけで区別することはできませんが、それでも何歳からと年齢が設定してあると迷うことなく買うことができたりもします。

米肌には何歳からという対象年齢は決まっているのでしょうか。

米肌は何歳から使える?対象年齢は?

何歳から何歳までと年齢が設定してあるスキンケアやコスメ商品は、商品の購入を迷った時のひとつの指標となるため、購入目安として参考にしている方が多いのではないでしょうか。

実際にパッケージの華やかさや落ち着いた雰囲気などで、だいたいの対象となる年齢層がわかったりもしますが、初めて購入するブランドだとそこまで詳しくわからないなんてこともありますよね。

米肌はKOSEから販売されているスキンケアブランドのため、ネットを中心に見かけたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

そんな米肌は何歳から何歳向けといった年齢層の設定はされているのかというと…。

米肌は何歳からという年齢設定は特に設けてはおらず、幅広い年齢層の方に使ってもらえるスキンケア商品となっています。

米肌の場合は何歳からという年齢で選ぶというよりは、米肌の効果と肌悩みが一致した場合に使用するものと考えるのが良いですね。

何歳から何歳までという対象年齢が設けられているスキンケアも多く存在しますが、米肌の場合はそうではなく肌悩みに適した場合に使用すること、それさえ合っていれば何歳から使用しても問題はないということになります。

対象年齢が設定されていると、迷った時に「とりあえずこれを買っておこう」ということもできますが、米肌の場合は広く言ってしまえば親子で使うこともできちゃうということになりますね。

スキンケアを買ってみたはいいけれど自分の肌に合わなかったという経験がある方もいるでしょう。

その際に対象年齢の設定がなければ友人に譲ったり家族に譲ったりもできるので、スキンケアを無駄にせずにすむという利点がありますね。

米肌が気になっているけれど何歳から使えるのかわからないし…と躊躇している方はぜひこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

米肌はどんな人に向いている?

米肌は年齢層の設定は特にされていないということがわかりましたが、どんな人に向いているのかも知っておきましょう。

また米肌を使うとどうなるのかも合わせてチェックしておきましょう。

ポイント1:米肌が向いている人とは?
では米肌はどんな人に向いているスキンケアなのかを知っていきましょう。

米肌の魅力は何といっても保湿力の高さです。

そのため日頃から肌のつっぱりを感じていたり、乾燥が気になる、肌のごわつき、ハリが不足している感じがするなどといった肌悩みを持つ方に向いていると言えます。

肌の保湿力を高めることで、肌のつっぱりや乾燥を解消できるだけではなく、小じわやハリ不足を解消することもできるのです。

肌が潤いで満たされていない状態でいくら高級なスキンケアを使っていても、肌に浸透せずに表面だけ潤うという隠れ乾燥肌で悩んでいる方は実は多くいるのです。

「なんだか浸透していない気がする」「肌がごわつく」といった肌悩みが気になりだしたという方にこそ米肌は向いていると言えます。

ポイント2:使うとどうなる?期待できる効果は?
米肌にはライスパワーNO.11という成分が含まれ、この成分は自活保湿を可能にする成分として知られています。

肌が自ら潤う力(水分保持力)を改善できることが唯一認められた有効成分なので、肌の潤いを実感できたり、もっちりとした肌質を実感できた理と様々なシチュエーションで肌の潤いを感じることができるようになるでしょう。

米肌に期待できる効果は何といっても保湿力です。

上記のような効果を実感できる方もいれば、化粧のノリが変わったことで肌が保湿できていることに気付けたり、エアコンをつけていても乾燥しなくなったなどと日常的な変化を感じることができる方もいるでしょう。

米肌を使用すると、いかに保湿が重要なのかがわかるようになり、スキンケアが楽しくなったりメイクがいつもよりも楽しくできたりという変化が表れるかもしれませんね。